ミモザの短い日持ちを長く楽しむ方法と注意点!切り花とリースもドライで美しく

ミモザの日持ちは、ズバリ7日ほど。

キレイな黄色のふわふわを楽しめるのは7日ほどで、徐々に自然にドライフラワーになる様子も楽しめるお花です。

ただ、普通に切り花で花瓶に飾っておくと日持ちが悪く、水落ちでしおれてしまうことも。

ということで、毎年たくさんのミモザを管理するGANON FLORISTスタッフの私が、

  • ミモザの日持ち
  • 切り花を長く楽しむコツ
  • 上手にドライフラワーする方法

をわかりやすくまとめてみました。

ミモザの日持ちと注意点を知りたい方はぜひご参考ください。

目次

ミモザの日持ちは?

ミモザ

ミモザは水上がりはいいのですが、1週間ほどの日持ちで、つぼみを咲かせずに枯れてしまうことが多いです。

実際にそういった経験をした方も少なくはないのではないでしょうか。

そこで、花屋であるGANON FLORISTから、ミモザが日持ちするための水揚げ方法をご紹介させていただきます。

ミモザの日持ちを良くする方法と注意点

まずは注意点を。

購入の時点で花が綺麗に咲いてしまっていると、なかなか日持ちはしません。

ミモザは他の草花よりも水の吸い上げが弱いので、何もせず水につけると花がしおれやすいです。

なのでミモザを選ぶ際には、つぼみの状態のものを選び、お花が日持ちする薬『品質保持剤』につけて咲かせるといいでしょう。

すると、日持ちも良く開花率も良く、綺麗に咲かせることができます。

乾燥に弱いので、霧吹きをして湿度を高め、乾燥を防いでください。

~注意点まとめ~

  • つぼみの状態のものを購入する
  • 品質保持剤につける
  • 霧吹きをして乾燥を防ぐ

ミモザの切り花の日持ち

ミモザの切り花の日持ちは、手入れ方法にもよりますが、しっかり水換えをすると一週間くらい日持ちします。

今が時期のミモザを、皆さんでしっかり手入れし、綺麗に飾って長持ちさせたいですね。

ミモザは切り花でも素敵ですが、ドライフラワーにし、リースとして飾ってみませんか?

ミモザリースの日持ち

ミモザのリース

ミモザはそのまま水につけているとすぐに枯れてしまうので、リースにして玄関に飾り、春の季節を堪能してください。

ミモザリースは一ヶ月ほど楽しむことができます。

ミモザは1週間でドライフラワーに

しっかりとミモザを乾燥させるには、環境にもよりますが、ざっと一週間程度でできます。

茎がポキっと折れたら完成です。

ここでは、ドライフラワーにする方法の一つである『ハンギング法』を紹介します。

用意するもの:麻紐、ハサミ

①ミモザを束ねる

②ミモザを吊るす

③ミモザを吊るす場所

①ミモザを束ねる

ミモザを束ねるには、3〜5本くらいをひとまとめにして吊るしましょう。

多く束ねすぎちゃうとドライフラワーにもなるのですが、

形が悪くなったり、中側の乾燥が遅くなったりと、綺麗に干し上がらないケースがあるからです。

ミモザが乾燥するにつれて、茎の水分が抜け、茎が徐々に細くなっていきます。

なので麻紐でしっかりきつめに結びましょう。

茎が細くなるとともに、ミモザの花もポロポロと落ちていきます。

せっかくのドライフラワーなので、落ちて壊れてしまわないようにしましょう。

②ミモザを吊るす

ミモザを吊るすには、ハンガーラックやスタンドタイプのコート掛けなど、背の高いところにかけると良いでしょう。

壁に接した状態で干すよりも通気性が良く、早く干し上がります。

③ミモザを吊るす場所

ミモザを吊るす場所は、直射日光が当たらず、風通しの良い場所を選んで干しましょう。

なので湿気の多い場所は避けてください。キッチンやバスルームはNGです。

ちなみに、上手なドライフラワーの作り方もまとめているので、失敗しないドライフラワー作りのために、こちらも合わせてご参考ください。

ミモザリースの作り方はドライになる前に

ミモザのドライフラワーリースは、ドライになる前の生花状態で作るのがポイントです。

GANON FLORISTでは、動画でミモザリースの作り方も解説しているので、合わせてご参考ください。

ドライになってからではなく、生花のうちに巻き付けて丸い形を作ること。

ドライになってからだとポキっと折れてしまうので、生花のうちにリースを作りましょう。

あとは、リースベースにワイヤーでミモザを巻き付けていくだけ。

おうちで作れるリース花材も販売しているので、リース好きな方はこちらもぜひチェックしてみてくださいね。

ミモザドライフラワーの上手な作り方はスワッグに

ミモザはスワッグにして飾るのもおしゃれで、実はリースよりもおすすめなんです。

理由は、丸く巻き付けたリースより、吊るされたスワッグの方が自然な形だから。

そして、ミモザでいっぱいのスワッグも素敵ですが、他の種類の花材をいれても素敵に仕上がります。

黄色の花が目立って綺麗なミモザには、ユーカリなどのグリーン系を合わせてみましょう。

少しずつミモザをズラシながら、先に掛けて細くなるように形をつくると綺麗に仕上がります。

ちなみに、ミモザのスワッグは、GANON FLORISTのネットショップでも注文可能です。(期間限定)

かっこいいミモザのスワッグを飾ってみたい方は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

ミモザのスワッグ / GANON FLORIST®

ミモザドライフラワーの日持ち

ミモザのドライフラワーは、お部屋に飾ったままで、約一年ほど持ちます。

お家や玄関に飾って、飾り続けるとアンティーク風でまた違う雰囲気なミモザを味わことができます。

今ホットで旬なミモザを、GANON FLORISTまで。

【GANON FLORIST】
住所:064-0959 札幌市中央区宮ケ丘3丁目3-8
ネットショップ : https://ganon-florist.com/
TEL:011-633-5522
定休日:毎週月曜日
営業時間: 10時-18時

GANON FLORISTインスタグラム
https://www.instagram.com/ganonflorist_japan

Hikaru Seinoインスタグラム
https://www.instagram.com/hikaruseino_hananingenofficial/

3月8日国際女性デーはミモザの日

ちなみに、ミモザは毎年2月から3月にのみ出逢える貴重なお花でもあります。

そして、毎年3月8日は国際女性デー。

通称ミモザの日として、世界中で女性にミモザを贈ります。

ミモザの日や、ミモザの花言葉について詳しく知りたい方はぜひこちらの記事もご覧ください。

Please Share
目次
閉じる