簡単!フローリストが伝えたいクリスマスリースの作り方・材料・必要な道具

クリスマスリース素材

クリスマスリースの作り方はポイントを覚えると簡単です。

  • リース台に花材をワイヤーで巻き付ける
  • 少しずつずらしながら巻き付けて一周させる
  • お好みで自由に飾り付ける

ざっくり書いちゃうと、リース台に緑やお花を巻き付けるだけ!

なのですが、ポイントを覚えておかないと素敵に作れないのが注意点でもあります。

ということで、毎年たくさんのクリスマスリースを作るフローリストな私が、簡単で素敵なクリスマスリースの作り方をまとめてみました。

リース台や道具も100均で揃いますし、素敵な手作りクリスマスリースでご家族と12月を楽しんでくださいね。

目次

クリスマスリース作りの材料

松ぼっくりとリンゴ

まずは、クリスマスリース作りの材料として常緑樹がメインとなります。

生花店などで購入できますし、1種類だけ使っても、数種類を組み合わせてもきれいに仕上がります。

おすすめの常緑樹は?

ユーカリ

おすすめの花材は、モミ、クジャクヒバ、ヒムロスギ、ユーカリ、コニファーです。

これらの常緑樹を使ったリースは、半月から1カ月ほどなら緑色を保つことができる為、クリスマスの期間中しっかりと楽しむことができます。

反対に、ローズマリーやヒマラヤスギなどは葉が落ちやすいため、リースを長期間楽しみたい場合にはおまりおすすめできません。

クリスマスリース作りの道具

クリスマスリース作りの道具

材料の次は、クリスマスリース作りの道具をチェック!

◇お好みのサイズのリース台、リボンなど

仕上がりのサイズは、リース台より一回り大きくなるのをイメージしてください。

◇お好みのリボン、ベルなど装飾品

◇ハサミ、ワイヤー、グルーガン、グルースティックなど

100均でも売っていますし、意外と簡単に揃う道具たちです。

お好みの装飾品で素敵に飾り付けてくださいね。

クリスマスリースの作り方

➀使用する花材をすべて同じ長さに切っておきます。(大きさによるが15㎝程度)

②メインとなる花材を2~4本を束ねて持ち、根元から2~3センチのところをリース台に巻き付けます。

リースの曲線に沿わせながらリースワイヤーで内側から外側へ花材の根元に2~3周巻きつけるように固定します。

リース 作り方
※デザインパターン1。リース台にベースになる常緑樹を巻き付ける。
リース 作り方
※デザインパターン2。リース台にベースになるユーカリを巻き付ける。

③花材を少しずつずらしながら巻き留めていきます。

リース 作り方

④この作業を繰り返し、1周したら巻き始めと終わりが自然に繋がるようになじませます。

⑤巻き始めのワイヤー部分と、巻き終わりのワイヤーを一緒にねじってカットします。ワイヤーの端は、材料の中に入れ込み、目立たないようにしましょう。

リース 作り方

⑥最後に、お好みで自由に飾りを付けて完成です。

☆ポイント☆
・巻き留める時は、しっかりとワイヤーを強く引っ張ります。
・きれいな丸い形が保たれているか、リースの内側と外側にバランスよく材料が入っているかを小まめにチェックします。

ハーフリースの作り方

ハーフクリスマスリース

リース台を一部残したままにするハーフリースも素敵です。

作り方は、花材巻き付けを一周させないだけ。

材料も労力も少なくて済むので、おすすめのリースでもあります。

ただ、いびつな形にはならないように注意してくださいね。

できるだけ左右均等なボリュームにするのが、綺麗に見えるコツでもあります。

初めてのクリスマスリース手作りのコツ

クリスマスリース素材

クリスマスリースを初めて手作りするなら、シンプルでスタイリッシュな定番カラーがおすすめです。

初めての場合は、配色で悩んでしまったり、なんとなくごちゃごちゃとした印象になりやすいので、クリスマスの定番カラーである緑と赤を選ぶとよいでしょう。

茶色や緑色でベースを作ったあとに、赤い実やリボンでアクセントをつけると素敵に仕上がります。

フレッシュ素材からドライへ

フレッシュな素材で作るクリスマスリースは、次第に葉の水分が蒸発し乾燥していきます。

フレッシュな緑色のリースから、少しずつ色合いや質感が変化し、ドライフラワーのリースになっていく過程を楽しむことができるのも、天然素材のリースの魅力です。

リースのフレッシュな期間をなるべく長く楽しみたい方は、強い日光と風が直接当たらない場所に飾り、霧吹きで一日数回お水をかけると長持ちします。

それでも葉っぱがカサカサしてきたら、霧吹きの回数を減らし、ドライにしていきましょう。

また、飾る期間やリースの意味として、こちらもぜひご参考ください。
日本人が意外と知らない? クリスマスリースの意味は?いつまで飾るの?

まとめ

クリスマスリースの作り方は意外と簡単!

・リース台に花材をワイヤーで巻き付ける
・お好みで自由に飾り付ける
・材料は花屋、道具は100均でOK

ぜひ素敵なクリスマスリースを作って、ご家族と一緒に楽しんでくださいね。

また、私達GANON FLORISTでもクリスマスリースを取り扱っているので、デザインの参考としてもらえると嬉しいです。

【GANON FLORIST】
住所:064-0959 札幌市中央区宮ケ丘3丁目3-8
ネットショップ : https://ganon-florist.com/
TEL:011-633-5522
定休日:毎週月曜日
営業時間: 10時-18時

GANON FLORISTインスタグラム
https://www.instagram.com/ganonflorist_japan

Hikaru Seinoインスタグラム
https://www.instagram.com/hikaruseino_hananingenofficial/

あわせて読みたい
日本人が意外と知らない? クリスマスリースの意味と歴史 クリスマスリースの意味は主に3つ。 魔除け豊作祈願新年の幸福祈願 そして、リースの輪が持つ「永遠」から「終わりのない永遠の神の愛」という意味合いも持っています。...
Please Share
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる